症状を改善していく|ヒアルロン酸治療で顔のたるみ改善【肌艶を取り戻そう】|美肌ケア

若返りに繋がる効果的な治療法

目元には年齢を積み重ねることでたるみが出来て次第に垂れ下がってしまいます。たるみが出来ると更にしわやほうれい線も作りやすくなり、肌の老化が進んでしまうでしょう。見た目が老けてしまうと、他の人から実際の年齢よりも老けて見られてしまう可能性があります。

顔のどこにたるみができやすい?ランキングでチェックしよう

no.1

まぶた

顔の中でもまぶたは非常に肌質が薄いといわれているため、紫外線などにとても弱く少し刺激を受けただけでもたるみになりやすいです。また乾燥しやすいためまぶたは適度に保湿ケアをしなければなりません。紫外線は年々強くなっているため、まぶたの悩みを抱える人が増えている傾向にあります。

no.2

目の下

まぶたと同様目の下も非常に肌が薄くなっているため、たるみになりやすいです。目の下には筋肉がありますが、普段から動かしていないと筋肉が衰えてたるみに繋がるとともに、血行不良になることで目のクマに発展する可能性もあるためトラブルが多いです。

no.3

顔の中でも範囲が広いのは頬で、頬にたるみが出来てしまうとかなり目立ってしまうとともに老けた印象に見えがちとなります。1つたるみが出来ると更にその範囲にはたるみが出来やすくなるため、改善しない限りはたるみが増え続けてしまうでしょう。

no.4

あご

年齢を重ねて出やすくなるあごのたるみですが、あごは脂肪が蓄積しやすいため二重あごや三重あごに悩まされる人も多いです。体重が増加するとあごの脂肪も溜まりやすく、とても厄介なたるみの1つといえるでしょう。

no.5

若い時はハリがあるため首にたるみが出ることも少ないですが、年齢とともにハリがなくなり脂肪が増えることからたるみの症状が出やすくなります。また首元は乾燥しやすいため、そのせいで肌機能が低下してたるみを促すことにもなるのです。

たるみ治療はいくつかある!自分に合う治療を見つけよう

ヒアルロン酸やボトックス注入

私達の身体ではヒアルロン酸やコラーゲンが生成されていますが、年齢を重ねると生成量が減ることからたるみがしわが発生しやすくなります。クリニックで出来るヒアルロン酸注射では直接肌に栄養を注入できるので、肌の回復を期待することができるでしょう。

糸を使うリフトアップ術

顔のリフトアップはメスや糸を使って行なうことができます。どちらの施術方法も皮膚を引き上げるため、施術を受けると施術前よりも確実に小顔効果を期待することができるでしょう。肌に負担なく安全性を重視して施術したいならメスを使わないリフトアップ法を選んでください。

メスを使うリフトアップ術

たるんだ箇所を切開して皮膚を持ち上げることでたるみを改善し、引き上がった肌を作ることができます。切開した箇所は手術終了時に縫合していきますが、顔の目立たない部分に行なうため傷跡が見えてしまうことはないでしょう。一度切開をすると半永久的にリフトアップの効果が持続します。

照射系のたるみ治療

メスを使うよりも安全な治療として注目を集めているのがレーザーによる照射の治療になります。また超音波によるたるみ治療もあり、レーザーや超音波によって肌の奥にある角質層にまで行き届けることができ、肌の再生を促すとされています。

症状を改善していく

婦人

お金がかかるがほぼ確実に効果がある

専門クリニックではたるみ治療を行なうことができますが、必ずしもお金がかかってしまいます。ですがプロの技術を持った医師が丁寧に施術をしてくれるので、たるみ治療をすれば時間の経過とともに顔のたるみを改善することができるでしょう。料金一覧はホームページから参考にすることができます。

日常生活の中でもケアをしていく

30代の頃になると乾燥によるたるみを引き起こす人が多いです。そのため私達が普段使っている化粧品も保湿ケア用に変えて肌に保湿をたっぷり浸透させていくようにしましょう。クリニックで治療をするだけでなく、毎日のケアにも気を配ってください。

毛穴チェックをしていこう

肌の状態が悪いかどうかは毛穴をチェックすることで判断できます。毛穴が開いていると肌が乾燥して傷ついていることが挙げられるため、そのときはすぐにケアをするようにしていきましょう。正しい化粧品の使い方を実践して、必要であればクリニックで治療をしてもらってください。

広告募集中